水中ドローン

水中ドローン

国内初の水中ドローンスクール GLADIUS CAMP

海洋国家日本が持つ大きな可能性は、水中ドローン活用に大きな期待が集まっています。
特に海に囲まれ、湖沼も多い青森県ではたくさんの活用法があります。
GLADIUSの能力を存分に引き出し、水中事業の活性化に貢献できる人材育成を行うために、青森県内初となる水中ドローンスクールを開校致します。

GLADIUS CAMPとは

GLADIUS CAMPは、水中ドローンGLADIUSを活用した水中事業の拡充に向けた人材育成のための講習、およびその資格取得のための研修プログラムです。
水中ドローンGLADIUSの機能を熟知し、安全に操縦できる一定レベルの知識と技術を習得していただくカリキュラムを1日で受講していただきます。

GLADIUS CAMP認定証

講習の最後に筆記試験を行い、合格となった方にはGLADIUS CAMP認定証を発行いたします。
GLADIUSを使用した水中ドローンの運行の一定レベルの意識と技術を習得した証となります。

GLADIUS CAMP認定証発行の流れ

1. GladiusCamp受講終了
2. GLADIUSのWEBフォームから申請
3. 事務局で確認後、受講生へ請求書発行
4. 入金確認
5. 認定証発送(20日締めの翌月上旬発送)
※認定証発行手数料:10000円(税別)

水中ドローンの可能性 ~地表の70%は海、その95%は未知の領域

2015年以降、空のドローン産業の発展のおかげで、水中・海中ドローンへのニーズが高まり始めています。ここ数年、多種多様の水中ドローンがリリースされ、2019年は「水中ドローン元年」と言われています。
人間が航海を始めて数百年が経っているにも関わらず、人類が海について把握しているのは5%程度、残り95%の海洋は、陸地以上に新たな可能性があると考えます。
海洋国家として日本は、今後さまざまなシーンで水中ドローンを活用していくことでしょう。

【船体・船底調査】【ダム保守・点検】【海底・湖底調査】【海洋・護岸工事】
【養殖場の生育環境調査】【貯水槽の保守点検】【定置網調査・点検】【生物探査】

水中ドローンの市場は 2022年に5800億円市場へ成長!

水中ドローンの市場規模は、2020年に50億円、2022年には5800億円市場へ成長するともいわれています。
地上から空までをシームレスに行き来することで、新たな視点からの映像や情報を届けてくれる空のドローンの活躍とともに、今まで容易には見ることのできなかった水中の映像や情報を、安全に、そしてより早く得ることのできる水中ドローンの活躍に、多くの産業・業界が注目をしています。

PAGE TOP